Blog

ブログ更新情報


2017年度・夏合宿の大きなテーマは「現状を越える」であった。現状を越えるためには、習慣性を容赦なく越えていこうとする意志を経験することが課題になる。習慣性を超えるということが何か新しいものを入れることだすれば、出さなければならないものがある。それは学ぶことへの衝動を妨害するような、自分の中にあるJunkな情報であろう。例えば、周囲の視線を気にしてびくびくするというような行為は、無意味な馴れ合いや無気...
続きを読む≫
2017年9月6日


 「生命とは何か」(シュレーディンガー著、岩波文庫)という本が紹介された。その中に、「原子はなぜそんなに小さいのか?」という部分がある。これは、「我々(生物)の身体は原子に比べてどうしてそんなに大きいのか」と読み換えることができる。 原子の大きさは、直径1〜2オングストローム(100億分の1メートル)で、生物と比べるととても小さい。逆に原子からすれば、人間は巨大だ。因みに、生命体の最も小さい単位で...
続きを読む≫
2017年6月14日


「見る」ということ 目で見た情報は、二つの経路で処理される。 一つは網膜から視神経を経て視床から大脳の第一次視覚野に届く経路である。もう一つは視神経から視床の手前で枝分かれして上丘に伝えられる経路である。上丘の機能は発達しておらず、上丘で見ているものは意識に現れない。しかしこの上丘には重要な役割がある。例えば盲視という現象がある。左右どちらかの第一次視覚野を損傷した場合、どちらかの視野半分を失...
続きを読む≫
2017年2月18日


 ダブルスの話ダブルスをやるにあたって大事なことが3つある。①バートナーを信じることから始まる どんなにレベルの差があっても、常にパートナーを信じ続けること②パートナーのミスは自分のミス パートナーがミスをする=その前の自分の配球がその状況を作ってしまっている これが続くと、途中で崩壊してしまう。 →他罰的、他責的な状況となる。 このようなことを無くすと、お互いにカバーする力が生まれる。③パートナー...
続きを読む≫
2014年9月10日